21年度バロンドールの行方に海外紙注目 ブックメーカー予想1位のスーパースターは?

大活躍のドルトムントFWハーランドとPSGのFWムバッペ【写真:Getty Images】
大活躍のドルトムントFWハーランドとPSGのFWムバッペ【写真:Getty Images】

ムバッペはカンプ・ノウでのハットトリックで評価を高める

 その年に最も活躍したサッカー選手に送られる個人賞「バロンドール」は、2021年度の受賞者争いが熱を帯びている。スペイン紙「マルカ」は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で2人のスーパースターが早期敗退となったことから、タイトルレースの過熱を予想している。

 新型コロナウイルスの影響で中止となった昨年のバロンドールでは、CLを制したバイエルンのエースFWロベルト・レバンドフスキが有力候補とも言われていた。今季もブンデスリーガ24試合で31ゴールとハイペースで得点を重ねており、引き続き有力候補と言って過言ではないだろう。

 その一方で、史上最多6度の受賞歴を持つアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と、それに次ぐ5度受賞のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の2人は、バロンドール争いから脱落したと見られている。バルセロナとユベントスはいずれもCL16強で敗退となり、ビッグイヤー獲得を逃したことが大きな影響を及ぼしそうだ。

「マルカ」紙は「今年のバロンドールはサッカーの歴史における決定的な境目になるかもしれない。このアルゼンチン人(メッシ)もポルトガル人(ロナウド)もすでに最後のバロンドールを獲得しているかもしれない」とし、今年がサッカー界の時代に変化が起きるターニングポイントになると予想している。バロンドールは過去10年あまり、メッシとロナウドが話題の中心にいたが、そうした状況も終わりを迎え、新たに群雄割拠の時代に突入しようとしている。

 そんな重要な1年の顔となるのは一体どの選手なのか。ブックメーカーの予想では、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペだという。2018年ロシア・ワールドカップ優勝ですでに世界的な選手としての評価を手にしているが、敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦で決めたハットトリックでその地位をさらに高めたようだ。世界最高の選手の称号を手にする日が近いか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング