川島永嗣は「青い侍」 首位リール戦で奮闘、“チーム一丸”投稿に同僚DFが反応

首位リール相手に好セーブを見せたストラスブールGK川島永嗣【写真:Getty Images】
首位リール相手に好セーブを見せたストラスブールGK川島永嗣【写真:Getty Images】

17戦連続フル出場の川島が首位リール戦の1-1ドローに貢献、試合翌日にSNSを更新

 フランス1部ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣は現地時間2月28日、リーグ・アン第27節の首位リール戦に先発出場し、アウェーでの1-1ドローに貢献した。この結果を受けて、自身の公式インスタグラムを更新。「チームが一つになっていいゲームができました」と綴ると、同僚から日本語で「青い侍」とのコメントが寄せられた。

 今季の川島は開幕2試合に先発後、8戦連続で出場なし。だが第11節モンペリエ戦(3-4)で9試合ぶりにゴールマウスを守ると、そこから今節のリール戦まで17試合連続でフル出場を続けている。今月20日で38歳となるベテラン守護神は、フランスでワールドクラスの選手を相手に日々奮闘しているが、今節は首位を走るリールとのアウェーゲームに臨んだ。

 パリ・サンジェルマン(PSG)、リヨン、モナコと熾烈な上位争いを繰り広げるリールに対し、ストラスブールは前半36分にFWリュドビク・アジョルクが先制点を奪う。その後、相手の反撃を受けるものの、同42分には左CKから相手DFスベン・ボトマンにゴール正面から放たれたヘディングシュートを、川島が右手で触り枠外にそらした。

 後半も相手の攻撃を耐え続けたストラスブールだったが、終盤に同点弾を決められ1-1のドロー。惜しくも敵地での金星を逃したものの、首位相手にシュート14本を放たれ、70%近いボールポゼッションを許しながら粘り強く戦い、勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

 この結果を受けて、川島は自身の公式インスタグラムに試合中のプレー写真2枚とともに、「昨日は首位Lilleとの対戦でした。最後に追いつかれてしまったけど、チームが一つになっていいゲームができました」と綴って投稿。勝利を逃した悔しさはあるものの、チーム一丸となった戦いに手応えを掴んだ様子だった。

 これにチームメートも反応しており、リール戦に先発フル出場した26歳のガーナ代表DFアレクサンデル・ジクは、炎の絵文字とともに日本語で「青い侍」とコメントを寄せた。第27節終了時点で15位のストラスブールは、2部との入れ替え戦に回る18位ニームと勝ち点「5」差。次節も4位モナコと難敵が続くが、1部残留へ向けて、ベテラン守護神はチームメートと強固な信頼関係を築いているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド