バルサ前会長が逮捕と現地紙報道 選手中傷の「バルサゲート」で計4名が警察に拘束

逮捕されたジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長【写真:Getty Images】
逮捕されたジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長【写真:Getty Images】

バルトメウ氏、グラウ氏、ポンティ氏、マスフェラー氏が警察に拘束

 バルセロナの前会長ジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が、地元警察に逮捕されたという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」など、同国メディアが一斉に報じている。

 記事では、バルトメウ氏のほか、法務部門に所属したオスカル・グラウ氏、ロマン・ゴメス・ポンティ氏の両名、バルトメウ氏の顧問だったジャウメ・マスフェラー氏も同様に拘束されていとしている。

 この4名については、バルセロナが雇った会社がSNSを使ってアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表DFジェラール・ピケといった中心選手らを中傷していたという、いわゆる「バルサゲート」という疑惑の中心人物とされる。この捜査が昨年から行われ、逮捕に踏み切られたようだ。

 すでにクラブのオフィスからは関連書類の押収も進んでいるという。疑惑の決着がどのような形で着くのかは予断を許さないが、まず一つの重要な局面を迎えたと言えそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング