C・ロナウドの“新記録達成”にチェコが異議 今も愛される「5000ゴールの男」とは?

ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドとヨーゼフ・ビカン【写真:Getty Images & AP】
ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドとヨーゼフ・ビカン【写真:Getty Images & AP】

【識者コラム】通算760得点で“歴代最多記録”と報道も、チェコ協会はビカンが821ゴールで1位と主張

 クリスティアーノ・ロナウドが公式戦通算760ゴールを決め、新記録達成と報道された。ところがチェコサッカー協会がすぐに、「ロナウドは新記録ではない」とコメントを出している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 それまでの最多得点記録は759、ヨーゼフ・ビカンという選手が持っていた。ところが、チェコ協会の主張は「ビカンの得点は759ではなく821だ」というのだ。

 やっぱり出てきたか――そう思った。

 ペレが通算1000ゴールを達成する寸前、「5000ゴールの選手がいる」と名前が出たのがビカンだった。

 “ペピ”と呼ばれたビカンは、1930~50年代にかけて活躍したストライカーである(ポジションはインサイドフォワード)。オーストリアのウィーン生まれだが、後にチェコスロバキアに移り、キャリアピークのスラビア・プラハでは217試合で395ゴールを取っている。“ヴンダーチーム”と呼ばれた伝説のオーストリア代表メンバーで、その後はチェコスロバキア代表でもあった。

 ペレの1000ゴールが話題になった時、あるドイツ人選手が「5000点取った選手がいる」と言い出したのがきっかけだった。メディアがペピに真偽を確認したところ、「俺がペレの5倍も得点したと言ったところで、いったい誰が信用するかね」。

 ただ、チェコの人々はペピの5000得点を信じていた。今回、ロナウドの件でチェコ協会が確認した公式戦得点数は821だが、839という説もある。戦時中の得点が多く含まれていることもあり、実際のところよく分からないのだ。

 チェコの協会やファンにとって特別な選手だったのは間違いない。1シーズンのハイアベレージは24試合でなんと57ゴール。27年間のキャリアで12回も得点王になっている。1939~44年は5年連続でヨーロッパの最多得点者だった。5000点はともかく、親善試合を合わせれば1000点は軽く超えていただろう。

 100メートルを10秒8で走る俊足は、当時の短距離走者と変わらない。第二次大戦後にユベントスから破格のオファーが来たが、断ってチェコスロバキアに留まった。これが運命の分かれ道だったかもしれない。

 ペピはイタリアが共産化すると考えていた。ユベントスに行っても稼ぎにならないというわけだ。ところが、留まったチェコスロバキアのほうが共産主義勢力に呑まれてしまったのだから皮肉である。

page1 page2

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」