「カンフーマスターと証明」 “超人”イブラヒモビッチ、華麗な“回し蹴りパス”に海外賛辞

10試合ぶりの出場となったACミランFWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】
10試合ぶりの出場となったACミランFWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

カリアリ戦で復活の2ゴール、前半にはアクロバティックなパスでチャンスを演出

 ACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、現地時間18日に行われたセリエA第18節カリアリ戦(2-0)で10試合ぶりに先発出場を果たし、PKを含む2得点を決めて勝利に貢献した。負傷からの完全復活を印象づけたなか、試合中に見せた美技に海外メディアが注目し、「カンフーマスター」「不老スキル」と賛辞を送っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 イブラヒモビッチは今季セリエA第8節(6試合出場)までに10得点を決め、自身が所属していた2010-11シーズン以来のリーグ制覇に突き進む名門ミランを力強く牽引。ハムストリングの負傷で昨年11月末に戦線離脱し、そこから8試合を欠場したが、今月9日の第17節トリノ戦(2-0)で復帰していた。

 カリアリ戦では実に10試合ぶりの先発起用となったが、前半7分にPKで、後半7分にはこの日2点目を奪い、いきなりの2ゴールでチームを勝利に導いた。負傷や39歳という年齢の影響を感じさせないイブラヒモビッチだが、ゴールシーン以外でも“魅せていた”。

 前半17分、右サイド後方からのロングパスを21歳のノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲがヘディングで後方のイブラヒモビッチに落とすと、39歳のカリスマは右足でボールを一度浮かせて右回りに回転。そのまま右足を高く上げる後ろ回し蹴りのような形で左サイドにフリーで開いていたポルトガル人DFディオゴ・ダロトに絶妙なパスを通した。

 この軽快なプレーに海外メディアも驚きを見せており、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「ズラタン・イブラヒモビッチは39歳かもしれないが、彼のトレードマークである弾力性は年齢によって低下する兆候を示していない」と記したうえで、「とんでもないバックヒールボレーパスによって、彼がまだサッカー界のカンフーマスターであることを証明している」と綴った。

 また英メディア「スポーツ・バイブル」も「ズラタン・イブラヒモビッチは驚くべきスピンとノールックパスで不老スキルを披露」と見出しを打ち、「センセーショナルな光景」と称えるなど、39歳とは思えないプレーでゴールを量産し、美技を披露する超人ストライカーの姿に脱帽していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」