なでしこ田中陽子、“日本人対決”で勝ち点1獲得 同僚DFが“歓喜のハグショット”投稿

ウエルバに所属するMF田中陽子【写真:Getty Images】
ウエルバに所属するMF田中陽子【写真:Getty Images】

ウエルバのスペイン人DFパウラ・ガルシアがインスタグラムに写真を投稿

 スペイン女子1部スポルティング・ウエルバに所属するMF田中陽子は、現地時間16日に行われたリーグ第15節エスパニョール戦で先発出場し、敵地での勝ち点1獲得に貢献した。同僚も試合後の“歓喜のハグ”の瞬間をアップしている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 田中は2019年6月になでしこリーグ(当時・日本女子サッカーリーグ)1部ノジマステラ神奈川相模原を退団し、ウエルバへ移籍。怪我もありながら、初の海外挑戦でリーグ戦13試合1得点をマークした。

 スペイン挑戦2年目を迎えた今季、開幕からベンチスタートが続いていたが、現地時間2020年11月8日のリーグ第6節アトレティコ・マドリード戦(0-0)で初先発。試合はスコアレスドローに終わったものの、左サイドハーフで奮闘し、首位チーム相手にアウェーで今季初の勝ち点を手にした。

 その後、ウエルバは2勝4分7敗の15位で2021年に突入。新型コロナウイルスの影響で1月5日のリーグ第14節サンタテレサ戦が延期され、16日のエスパニョール戦が2021年のファーストゲームとなった。

 エスパニョールは日本人MF山本摩也が先発フル出場し、対するウエルバも田中が2列目サイドで後半20分までプレー。試合は1点ビハインドだったウエルバが、後半アディショナルタイムにPKで追いつき、1-1のドローに持ち込んだ。

 田中は試合後、自身のツイッターで「エスパニョールとの試合は1-1の引き分けでした。アウェーで勝ち点1。今年は4チーム降格ありなので残り20試合負けられない試合が続きます。今からバスで14時間かけてウエルバに帰ります」と試合を振り返った。

 また、同僚のスペイン人DFパウラ・ガルシアもインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)に田中がブラジル人DFアナ・キャロルとハグして勝ち点1を称え合っている様子をアップしていた。

 ウエルバは暫定14位とはいえ、降格圏の15位ログローニョとはわずか1ポイント差。試合消化数も多いだけに、今後も油断できない状況が続いていく。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド