FCポルト中島翔哉、アル・アイン移籍決定か 「UAEへ出発」とポルトガルメディア報道

ポルトガル1部FCポルトに所属の日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】
ポルトガル1部FCポルトに所属の日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】

移籍に向けて13日に出発とレポート、UAE行きは中島の希望か

 ポルトガル1部FCポルトに所属する日本代表MF中島翔哉が、移籍へ向けてUAEへ出発したとポルトガルメディア「マイス・フッチボウル」が報じている。

 中島は2019年夏にカタールのアル・ドゥハイルからポルトへ加入したが、新型コロナウイルス感染拡大となった昨年にチーム練習への参加を拒否するなどギクシャクした関係にあった。昨夏には退団の可能性が報じられた中でポルトに残留したが、主力と言える立場は手にしていない。

 この状況下で、中島は今季終了までの期限付きでUAEのアル・アインへの移籍が決まり、13日に出発したとレポートされている。

 記事によると、中島の代理人は空港で、今回のUAE行きは中島の希望であり、半年後にポルトへ復帰することを目的としていることを述べたと言い、その際には日本代表や東京五輪への出場について話し合うともコメントしたという。

 中島は2017年夏にFC東京からポルトガル1部のポルティモネンセへ加入して活躍すると、カタールへ移籍して19年夏にポルトへ。その際、ポルトは中島の保有権の半分を1200万ユーロ(約14億4000万円)で取得したとされている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング