メッシ、再びバルサの歴史に名 今季中にも“英雄”シャビのクラブ通算&リーグ出場記録塗り替えへ

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

ウエスカ戦でクラブ通算750試合とリーガ500試合出場を同時に達成

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間3日のウエスカ戦でクラブ通算750試合とリーガ500試合出場を同時に達成した。いくつもの記録を塗り替えてきた33歳のレフティーは新たにシャビ・エルナンデス(現アル・サッド監督)の持つ出場記録更新を射程圏内に入れている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 バルサのレジェンドであるシャビ監督はバルサで公式戦通算767試合に出場。メッシはこの記録にあと「16」と迫っている。リーガ・エスパニョーラは残り24試合残っているうえに、UEFAチャンピオンズリーグや国王杯、スーペルコパ・デ・エスパーニャも残っているだけに、よほどのアクシデントがなければ今季中の更新は確実な状況だ。

 そしてリーガ・エスパニョーラに限れば、メッシは2月にもシャビ監督の記録を抜くことになりそうだ。メッシはウエスカ戦で500試合の節目を達成し、通算505試合出場のシャビ監督の記録まであと「5」としている。

 契約が今季限りで満了を迎え、昨夏には退団騒動が過熱したメッシ。去就問題は依然として気になるところだが、バルセロナの選手として偉大な先輩超えを果たすのは時間の問題のようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング