王者ユーベ相手にミラン本田孤立無援危機!? 主将モントリーボら主力ボランチが故障欠場へ

クツカの回復が遅れ、主将は右足負傷

 敗戦すればシニシャ・ミハイロビッチ監督が解任されるとイタリアで盛んに報じられる9日の王者ユベントス戦に向け、日本代表FW本田圭佑の所属するACミランが危機的状況に陥った。ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」は主将のMFリッカルド・モントリーボが右足の筋肉のトラブルで欠場濃厚となったことをレポートしている。

 3日のアタランタ戦は本田とMFユライ・クツカが負傷で欠場した。本田はすでに全体練習に合流しているが、クツカはいまだにグループ練習に豪州することができず、週末のユベントス戦出場が危ぶまれている。そこにきて、さらに主将のMFリッカルド・モントリーボが右足の筋肉に問題があり離脱。ユベントス戦への出場はほぼ無理だろうと報じられた。

 これにより、ミランは完全にボランチの人員不足に陥ってしまった。好調だった時期のダブルボランチを両方欠くとなった場合、最初のチョイスは今季ローマから獲得したMFアンドレア・ベルトラッチになる。しかし、そのパートナーは今季ここまで満足に出場機会を得られていないMFアンドレア・ポーリかMFホセ・マウリ、もしくはギャンブルとしてユース出身の若きレジスタであるMFマヌエル・ロカテッリを起用するしかない。嘆きと共に危機的状況は報じられている。

 

page1 page2

ランキング