“奇策投入”の南野、英地元紙はチーム内2番手タイの高評価 「求められていた創造性を…」

チーム内で2番手タイとなる高評価を与えられたリバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
チーム内で2番手タイとなる高評価を与えられたリバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールが大胆な交代策を敢行 南野はインサイドハーフで途中出場

 リバプールは現地時間13日、プレミアリーグ第12節でフルハムと対戦し、敵地で1-1と引き分けた。日本代表MF南野拓実は後半頭から途中出場し、インサイドハーフとしてプレーした。英メディアは南野に対し、チーム内で2番手タイとなる高評価を与え、「エネルギーと求められていた創造性をもたらした」と称賛の言葉を送っている。

 昨季30年ぶりにリーグ優勝を達成したリバプールだが、今季は負傷者続出の野戦病院状態で苦しんでいる。オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメスの主力CBコンビが長期離脱を強いられており、精神的支柱の元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーや新加入のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラら数多くの選手が負傷中だ。

 そして、9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節ミッティラン戦(1-1)で得点量産中のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが新たに負傷離脱。深刻な台所事情を強いられるなか、フルハム戦では序盤から押し込まれる展開が続き、前半25分に先制点を与えてハーフタイムを迎えた。

 流れを変えたいリバプールは、後半開始から元カメルーン代表DFジョエル・マティプをベンチに下げ、南野を投入。イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンをCB、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムをアンカーにコンバートし、インサイドハーフに南野を入れる、これまでになかった奇策を採用する。すると、リバプールが攻め込む展開となり、後半34分に獲得したPKをエジプト代表FWモハメド・サラーが決めて同点とした。

 逆転とはならなかったものの、リバプールは劣勢から追い付いての勝ち点1を獲得。英地元紙「リバプール・エコー」はフルハム戦に出場した選手を10点満点で採点し、45分間プレーした南野にはチーム内で2番手タイとなる7点を与える高評価となった。

 寸評では「中盤で十分に堅実なプレーを見せ、エネルギーと求められていた創造性をもたらした」と称賛の言葉を送られていた南野。ここ最近はインサイドハーフとしての起用が増えており、チーム内で明確な役割を見出し始めているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング