森保監督、“愛弟子”浅野の復帰に期待「信頼を得ていると自覚してプレー」 橋本は11カ月ぶり招集

代表復帰となったFW浅野拓磨(左)とMF橋本拳人【写真:高橋学】
代表復帰となったFW浅野拓磨(左)とMF橋本拳人【写真:高橋学】

日本代表は11月のオーストリア遠征メンバーを発表 浅野と橋本が復帰

 日本サッカー協会(JFA)は5日、オーストリアで行われる国際親善試合パナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日/日本時間18日)に臨むメンバー24名を発表した。新型コロナウイルスの影響もあり、10月に引き続き国内組は招集せず、海外組だけで構成。A代表常連となるMF久保建英(ビジャレアル/スペイン)を始め、10月のオランダ遠征で10番を背負ったMF南野拓実(リバプール)やMF堂安律(ビーレフェルト)らも選出されたなか、前回の遠征で招集が見送られたFW浅野拓磨(パルチザン)、MF橋本拳人(ロストフ)が代表に復帰した。また、10月には負傷で合流できなかったDF長友佑都(マルセイユ)も招集された。

 新型コロナウイルスの感染拡大により年内のワールドカップ(W杯)予選が延期となるなか、10月にはオランダへ遠征し昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動を実施。2連戦を戦い、カメルーンと0-0、コートジボワールには1-0で勝利を収めた。

 今回もコロナ禍での開催となり、メンバーは入国制限の問題などもあってJリーグで戦う国内組は招集せず。10月のオランダ遠征に続く海外組だけの編成となったなかで、前回は地域事情で招集されなかった浅野と橋本が復帰。また、10月には招集メンバー入りしたものの、負傷により合流できなかった長友もメンバーに名を連ねた。森保監督はサンフレッチェ広島時代の“愛弟子”で1年ぶりの代表復帰となった浅野、今夏にロストフへ移籍して昨年12月以来の招集となった橋本について期待を寄せた。

「浅野はパルチザンでレギュラーとしてFWや2列目のサイドハーフなど、いろいろなポジションでプレーしていることを映像などで確認できているし、本人もチームの中心として周りからの信頼を得ていると自覚してプレーしていると思う。橋本は、移籍して初めてのシーズンだが、違った環境の中でも適応してロシアリーグで、ロストフの一員としてレギュラーをほぼつかんでいる。その日常の活動を評価して今回招集した」

 また、フィールド選手で最年長の長友についても言及。今季からマルセイユに加入し、ここまでリーグ戦2試合に出場しているが、チームではなかなかレギュラーを掴み切れていない。それでも、日本代表では欠かせない存在だと説明した。

「試合の出場時間ではまだまだ足りないと思うが、チームの練習をしっかりやれている。コンディションも良い状態を保っているということで招集した。経験の浅い選手にとっては、長友がプレーを持って背中で見せてくれる、言葉で伝えてくれることで、個々の成長につなげていける存在だと思っている」

 今回は大迫の招集が見送られているなかで、FWとして浅野がどのような活躍を見せるのか。MF柴崎岳(レガネス)、MF遠藤航(シュツットガルト)が安定したプレーを見せているボランチで橋本が輝くのか。今回の注目点となりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング