日本代表GKシュミット、“定位置奪取”へ意欲 10カ月ぶり出場に手応え「闘う気持ちを…」

シント=トロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエル【写真:ⒸSTVV】
シント=トロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエル【写真:ⒸSTVV】

正GKの負傷でリエージュ戦に先発、好セーブで9戦ぶり白星に貢献

 ベルギー1部シント=トロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエルは、現地時間25日に行われたリーグ第10節スタンダール・リエージュ戦(2-0)で10カ月ぶりにリーグ戦出場を果たした。チームにとっても開幕戦以来となる勝利に貢献したシュミットは、現地メディアの取材に応じ、定位置奪取へ意欲を見せている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今年1月に右足を負傷して以降、ベルギーリーグでは試合出場から遠ざかっていたシュミットだったが、リエージュ戦では正確なフィードで前半37分の先制点の起点を作ると、後半18分にはペナルティーエリア外から打たれた強烈なミドルシュートをダイブしてセービング。攻守にわたって存在感のあるプレーを見せ、リーグ開幕戦での勝利以来9試合ぶりの勝ち点3獲得に貢献した。

 会心の勝利となったリエージュ戦について、シュミットは試合翌日にベルギー紙「Het Belang van Limburg」の取材に対して、「試合後は空っぽの状態だったし、そうなるぐらいまで戦った。僕らは昨日のように闘う気持ちを毎週見せていかないといけない。このまま勝ち続けていけば、流れは良くなっていくと思う」と語り、チーム全員のハードワークの結果として掴んだ勝利だったことを強調。さらに自身については、「またピッチに戻ることができて嬉しかった。監督も僕のパフォーマンスには満足していた」と手応えを口にした。

 しかし、今回のシュミットのリーグ戦出場は、正GKであるケニー・ステッペの負傷により急遽巡ってきたチャンスだった。ステッペが怪我から復帰すれば、同選手とシュミットの間でポジション争いが再び起きるのは必至。シュミットも昨季は正GKとして試合に出続けていたので、ステッペとの競争が本格化すれば「マスカット監督は難しい選択を迫られる」と同紙は伝えるが、シュミットはステッペとの競争を受けて立つつもりのようだ。

「誰を使うかを決めるのは監督の仕事。僕は自分の役割を果たす準備はできている。でも、もしも監督がケニーを選んだら、その時は僕もケニーのことをサポートする」

 シント=トロイデンの次戦は、11月1日に予定されているムスクロンとのアウェーゲーム。「勝った後はメンバーを変えない」という方針を採る指揮官も多いが、果たしてケビン・マスカット監督はどのような決断を下すのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も