バレンシア・ダービー、久保建英vsイ・ガンインに地元紙注目 「二重のライバル対決」

ビジャレアルMF久保建英(左)とバレンシアMFイ・ガンイン【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英(左)とバレンシアMFイ・ガンイン【写真:Getty Images】

久保の出場については「先発起用はなさそうだ」とベンチスタートを予想

 ビジャレアルは現地時間18日、バレンシアとの“バレンシア・ダービー”を戦う。バレンシアの地元紙「エル・ペリオディコ・デ・メディテラネオ」では、日本代表MF久保建英と韓国代表MFイ・ガンインの日韓対決に注目している。

 通常のリーグ戦よりも、大きな注目を集めるダービーマッチ。今季、最初のバレンシア・ダービーを、ホームのビジャレアルは4位、アウェーのバレンシアは8位で迎える。

 ビジャレアルには、昨季マジョルカでリーグ戦35試合に出場して4ゴール4アシストを記録した久保が、レアル・マドリードからのレンタル移籍で加入している。一方、バレンシアには、韓国の至宝とも称されるイ・ガンインが在籍。バレンシアの下部組織出身のイ・ガンインは、2017年にバレンシアとプロ契約を結んでおり、2019-20シーズンには17試合に出場して2ゴールを挙げている。

「エル・ペリオディコ・デ・メディテラネオ」紙は、両クラブに在籍している2人のアジア人選手に注目するとともに、日本と韓国の歴史的背景、サッカーにおけるライバル関係、そして幼少期にスペインへ渡った2人のレフティーの共通点などを報じて、「二重のライバル対決」とダービーを盛り上げている。

 そして、今季の両選手について「韓国人選手は、バレンシアでより存在感を増している。3試合に先発して2アシストを記録。一方、日本人選手は、トータルで54分間のプレーにとどまっているが、ウナイ・エメリ監督は彼の才能を信頼している」として、イ・ガンインが先発する可能性を高いとしたが、久保の先発については「先発起用はなさそうだ」と伝えている。

 スペインだけではなく、日本と韓国でも大いに注目を集めそうな今回のダービー。果たしてバレンシア・ダービーのなかで、19歳の日韓対決は実現するだろうか。

【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング