久保は「まだ準備ができていない」 1年4カ月ぶり先発に海外メディアは“及第点以下”査定

コートジボワール戦でスタメン出場をしたMF久保建英【写真:ⓒJFA】
コートジボワール戦でスタメン出場をしたMF久保建英【写真:ⓒJFA】

昨年6月のコパ・アメリカ以来となる先発も、61分間プレーして結果を残せず

 日本代表MF久保建英(ビジャレアル)は、13日にオランダ・ユトレヒトで行われた国際親善試合コートジボワール戦(1-0)に1年4カ月ぶりとなる先発出場。後半16分までプレーするも、代表初ゴールはまたもお預けとなった。海外メディアは「素晴らしいタレントだが、まだ準備ができていない」との評価を下している。

 昨年6月に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)のエクアドル戦(1-1)以来となる代表で先発となった久保は、左サイドハーフでプレー。前半2分にFW鈴木武蔵(ベールスホット)の折り返しからチームのファーストシュートを放つも、ダイレクトで合わせた一撃は枠外へ。その後、個人技を生かしてドリブル突破を仕掛けた一方、厳しいマークでボールロストも少なくなく、主戦場とは逆サイドでのプレーになったとはいえ、不完全燃焼に終わった感は否めなかった。

 所属するビジャレアルでは開幕から5試合連続でベンチスタートだったため、プレー時間61分は欧州の新シーズンが始まって以降では最多。森保一監督は試合後のオンライン会見で、「久保は久保で今持っている力を時間内で発揮してくれた。これから体力的にもつけてほしいけど、出し切って全力で戦う部分には満足している」と評価した。

 ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」も、コートジボワール戦に出場した15選手(堂安律は出場時間が短く評価なし)と指揮官を独自に採点(10点満点)している。決勝ゴールを決めたDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が「7.0点」で最高評価。MF柴崎岳(レガネス)、MF遠藤航(シュツットガルト)、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF室屋成(ハノーファー)がそれに次ぐ「6.5点」となったなか、久保は“及第点以下”の「5.5点」となった。

「代表で3回目のスタメンは、従来はナカジマが主戦場としている左サイドハーフにキャストされた。期待されたなかで、攻撃を作ることに失敗し、ミスも多かった。素晴らしいタレントだが、まだ準備ができていない」

 代表でハイパフォーマンスを披露するためにも、まずはビジャレアルで定位置を確保するのが当面のミッションとなりそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」