吉田麻也、アフリカ勢相手の2戦連続無失点に手応え 「ここまで堅く守れたのは僕の記憶にはない」

オランダ遠征の2試合ともフル出場のDF吉田麻也【写真:ⓒJFA】
オランダ遠征の2試合ともフル出場のDF吉田麻也【写真:ⓒJFA】

オランダ遠征はカメルーン、コートジボワール相手に無失点で1勝1分で終了

 日本代表は現地時間13日、国際親善試合コートジボワール戦に1-0で勝利した。10月のオランダ遠征2試合はアフリカ勢相手に1勝1分で、2試合ともにクリーンシートを達成。最終ラインを統率したDF吉田麻也(サンプドリア)は、「アフリカ人選手に対して、ここまで堅く守れたのは僕の記憶にはない」と手ごたえを覗かせた。

 森保一監督は、9日のカメルーン戦(0-0)から7人を入れ替えたコートジボワール戦でも4-2-3-1システムでスタート。センターバックは2試合連続で吉田とDF冨安健洋(ボローニャ)がコンビを組み、右サイドバックにDF室屋成(ハノーファー)、左サイドバックにMF中山雄太(ズウォレ)が入った。

 ドリブル突破を得意とするFWジェルビーニョ(パルマ)にサイドを崩されるなど、攻め込まれるシーンもあった日本だが、吉田と冨安の2人が冷静に対応した。無失点のまま試合終盤を迎えると、後半43分のDF植田直通(セルクル・ブルージュ)とともに3バックに変更。アディショナルタイムにセットプレーから植田が劇的なヘディング弾を突き刺し、2020年初勝利を飾った。

 オランダ遠征はカメルーン、コートジボワールのアフリカ勢相手に2試合連続の無失点。吉田は試合後のオンライン会見で、コンディションの良い相手を守りきれたことに充実感を覗かせた。

「なかなかアフリカ人選手に対してここまで堅く守れたのは、僕の記憶にはない。2試合とも非常に良いコンディションのチームだったし、目に見える数字で結果を出せたことは自信になる。これを続けていくのが大事だと思う」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」