“A代表デビュー”菅原由勢を突き動かす同世代の存在 「久保くんや安部選手を注目しがちだけど…」

“A代表デビュー”を果たしたDF菅原由勢【写真:浦正弘】
“A代表デビュー”を果たしたDF菅原由勢【写真:浦正弘】

カメルーン戦で後半41分から途中出場、待望のA代表デビューを果たす

 森保一監督率いる日本代表は10日、オランダ・ユトレヒトで合宿6日目を迎えた。DF菅原由勢(AZ)は9日の国際親善試合カメルーン戦(0-0)でA代表デビュー。左のウイングバックで途中出場した20歳は、一夜明けてオンライン取材に応じ、東京五輪世代の存在の大きさを語った。

 目標にしてきた舞台が現実となった。カメルーン戦の後半41分、0-0の場面でMF原口元気(ハノーファー)に代わって出場。時間は短かったものの、無失点に抑えきり、「ここまでくることができたな」という実感とともに、新たなスタートを切った。

 目指す場所だった。東京五輪世代の主力として活躍が期待されるなか、初めてのA代表招集。名古屋グランパスの下部組織出身で、ユース所属の高校2年生だった2018年に2種登録。同年の開幕戦となるガンバ大阪戦でJ1史上2位の若さとなる17歳7カ月27日でスタメン出場し、トップ昇格を果たした。そして昨年夏にAZへの移籍が決定。海外1年目で16試合2得点の活躍だった。

 右サイドバック(SB)が主戦場もセンターバック、中盤、攻撃的なポジションを柔軟にこなす器用さを持つ。AZでは左SBも務めている。積極的に中盤にも侵入し攻撃の起点となる“現代型SB”で、底抜けに明るいキャラクターも代表チームには欠かせない。常に上を目指してきたのは、世界やJリーグで戦う同世代の存在があったからだ。

「世間は久保(建英)くんや安部(裕葵)選手みたいにビッグクラブにいる選手を注目しがちだけど、僕はそれだけじゃないと思っている。同世代で素晴らしい選手がたくさんいるし、励まし合って刺激し合ってここにいる。昔から刺激し合ってきた仲間、久保くんやJでも若い選手が刺激になっているので、負けていられないという気持ちに毎日なる。刺激をもらっている分、与えないといけないと思っているので、日本のこと、同世代のこと、いろんなことを見ながら刺激し合いながらやりたい」

 今回はともに2017年U-17ワールドカップ(W杯)に出場したMF久保建英(ビジャレアル)とも、A代表でチームメートになった。仲間を追いかけ、追い越し、切磋琢磨し合ってたどり着いた場所。菅原にとって同世代の存在は欠かせないものだった。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング