日本代表、カメルーン相手に一進一退の攻防 “10番”南野がゴールに迫るも…0-0で後半へ

果敢にカメルーンゴールへ迫る日本代表MF南野【写真:Getty Images】
果敢にカメルーンゴールへ迫る日本代表MF南野【写真:Getty Images】

今年初の日本代表戦がオランダで開催 南野、吉田らがシュートを狙うも得点ならず

 日本代表にとって約10カ月ぶりの活動となるオランダ遠征の初戦、国際親善試合カメルーン戦が現地時間9日にユトレヒトで行われ、前半を0-0で折り返した。

 今年の始まりから世界的に新型コロナウイルスが感染拡大した影響を受け、日本代表の活動はワールドカップ(W杯)予選を含め3月と6月は中止になった。そのため、日本代表にとっては昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となったが、国家間の移動に対して帰国時の隔離期間やJリーグの過密日程なども考慮されて、今遠征は史上初めて招集メンバー全員がすべて欧州でプレーしている選手になった。

 立ち上がりから両チームとも高い位置からプレスに行く姿勢を見せ、特に日本は相手GKの不安定なコントロールを狙うかのように前から追う姿勢を見せた。一方で同14分にはそのプレスを突破され、FWムミ・エンガマルに際どいヘディングシュートを許すピンチも迎えた。

 そうしたなか、日本は徐々にゴール前まで進出する場面を作るようになった。最初のシュートは同19分にMF南野拓実がペナルティーエリアのすぐ外から放ったが、強くヒットはできず相手GKの正面に飛んだ。同23分には右CKでワンバウンドしてゴール前に入ってきたボールをDF吉田麻也が狙い、GKがボールを後ろにこぼしかけ、あわやというシーンになったがゴールにはならなかった。

 その後はボール際こそ互いに激しく競り合ったものの、明確なゴールチャンスを作り出せないまま0-0で前半を終了した。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」