鎌田大地は「正しく成長している」 地元紙が契約延長交渉に注目「価値を見極めたいというのは…」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

19-20シーズンに飛躍した鎌田、契約満了まで1年の状況を現地紙が分析

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、2019-20シーズンの活躍によって大きく評価を高めた。2021年で現在の契約が終了するが、現地紙は鎌田が「正しく成長している」と称賛し、契約延長の成否に注目している。

 19-20シーズン開幕前にレンタル移籍先のシント=トロイデンからフランクフルトに復帰した鎌田は、公式戦47試合に出場して10ゴール9アシストを記録。UEFAヨーロッパリーグ(EL)でも目覚ましい活躍を見せ、数字と内容の両方で強烈な印象を残した。

 この活躍を受け、来夏に満了する鎌田の契約がにわかに注目されるようになり、スポーツディレクターのフレディ・ボビッチ氏は「7月中に長期契約を締結できるだろう」と語っていたが、これまで契約延長の報は届いていない。

 そのなかでドイツ地元紙「フランクフルター・ルントシャウ」は「フランクフルトの陣容はまだ建設中」と見出しを打ち、現在のチームにおいて不確定な部分に言及。鎌田に加え、同時期に契約満了を迎えるアディ・ヒュッター監督、ACミランから期限付き移籍中のポルトガル代表FWアンドレ・シウバの去就について特集している。

 記事では「ダイチ・カマダの契約はあと1年しか残っていないが、ここまで契約延長は成功していない。日本人は現在のチームで数少ない正しく成長している選手であり、まだポテンシャルをすべて発揮しているわけではない」と指摘。そのうえで「移籍市場で自身の価値を見極めたいというのは当然のこと」と現在の状況を分析した。

 同紙は「パフォーマンスの振れ幅はまだまだ大きい」と課題にも言及しており、少なくともあと1年はフランクフルトで成長すべきと考えられているようだ。クラブ視点でも“重要人物”となった鎌田は今夏、どのような決断を下すのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング