巧みな技が光る一撃! アタランタMFの“股抜きゴラッソ”に海外称賛「純粋な魔法」

アタランタMFゴメスの技あり弾に脚光【写真:Getty Images】
アタランタMFゴメスの技あり弾に脚光【写真:Getty Images】

アルゼンチン人MFアレハンドロ・ゴメスが決めた衝撃の決勝ゴールに脚光

 ユベントスの9連覇が決まっている今季のセリエAは、残り1試合のみとなった。現地時間28日に行われた第37節のパルマ対アタランタ(1-2)では技ありの一撃が生まれ、海外メディアはそのゴールを称賛している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 敵地に乗り込んだ3位のアタランタは前半43分に先制を許したものの、後半25分にMFルスラン・マリノフスキーが同点ゴールを奪取。すると、1-1で迎えた後半39分、観る者を魅了するゴールがアタランタのアルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメスから生まれた。

 敵陣右サイド寄りの位置でボールを受けたゴメスは、すかさずゴール方向へドリブルを開始。パルマのMFヤスミン・クルティッチと対峙した瞬間に股抜きを成功させると、ペナルティーアーク付近から左足で放たれたシュートはゴール左へと突き刺さった。

 巧みな技が光る“ゴラッソ”を決め、チームを勝利に導いたゴメス。このゴールは海外メディアでも脚光を浴び、スペイン紙「AS」コロンビア版が「パプ(※ゴメスの愛称)・ゴメスのゴラッソがアタランタに勝利をもたらす」と報じれば、アルゼンチンメディア「Mundo D」も「純粋な魔法:アタランタの勝利のための “パプ “ゴメスのゴラッソ」と見出しを打ち、称賛している。

 この勝利により2位インテルを勝ち点1差で追走。最終節ではそのインテルとの直接対決を控えており、チームの順位動向とともに主将を務めるゴメスのパフォーマンスにも注目が集まりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング