浦和、青森山田高DF藤原優大の加入内定を発表 J複数クラブとの争奪戦制す

J1浦和レッズが青森山田高校DF藤原優大の加入内定を発表(5番の選手)【写真:Noriko NAGANO】
J1浦和レッズが青森山田高校DF藤原優大の加入内定を発表(5番の選手)【写真:Noriko NAGANO】

今年1月の選手権でレギュラーとして活躍、青森山田高の準優勝に大きく貢献

 J1浦和レッズは16日、来季に青森山田高校からDF藤原優大が加入することが内定したことを発表した。

 藤原はU-17、18日本代表に選出されてきた逸材で、今年1月の全国高校サッカー選手権では2年生ながらセンターバックのレギュラーとして活躍。準優勝に大きく貢献していた。

 浦和を通じて藤原は「来シーズンから加入することになりました、藤原優大です。小学校からサッカーをはじめましたが、今、その夢が叶い、とてもうれしい気持ちです。多くの仲間、指導者の方々、そして両親に支えられてここまで来ることができました。その感謝の気持ちを忘れてはいけないと思いますし、自分が恩を受けた方々に対して、結果でお返しをしたいと思っています」とコメントを発表。

 そして、浦和についての印象を「浦和レッズは、熱いファン・サポーターを含めて、浦和という街が一体となって戦っているという印象があります。そのクラブに自分も加わり、世界で戦えるチームにしていきたいと思っています。覚悟を持ち、埼玉スタジアムでの活躍を目標にがんばります。よろしくお願いいたします」としている。

 浦和は今季、同じ青森山田からMF武田英寿を獲得している。藤原もすでに浦和で練習参加した経験があり、2世代連続で青森山田の中心選手を獲得することになった。今季から3年計画で世代交代も図りながらチームを強化している中で、多くのJリーグクラブが獲得に動いた高校生DFの争奪戦に勝利した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング