ドルトムントFWハーランド、ライバル優勝に胸中吐露 「クソッタレな気分だ」

ドルトムントFWハーランドが胸中を吐露【写真:Getty Images】
ドルトムントFWハーランドが胸中を吐露【写真:Getty Images】

今冬加入のハーランドが悔しさ露わ 「バイエルンに優勝されたのは不快なこと」

 ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、加入からハーフシーズンながらもリーグ優勝を逃したことがあまりにも悔しかったようだ。英メディア「BTスポーツ」に対し、「タイトルを持っていかれたのは『クソッタレ』な気分だ」とコメントしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ハーランドは今季をオーストリアのザルツブルクでスタート。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でのゴール量産は欧州での評価を大いに高め、ドルトムントに冬の移籍市場で加入した。

 それから新型コロナウイルスの感染拡大による中断はあったにしても、14試合出場13ゴールと荒稼ぎ。リーグ後半戦からの選手でありながら得点ランキングも6位タイまで上昇した。しかし、リーグ優勝はバイエルン・ミュンヘンがすでに決めた。ドルトムントは残り1試合で勝ち点10差の2位で、3位転落の可能性もないことから順位は確定している。

 ハーランドは「正直であるべきだろう。バイエルンにタイトルを持っていかれたのは『クソッタレ』な気分だ」とコメント。そして、「バイエルンに優勝されたのは不快なことの一つだけど、もうどうすることもできない。やれるだけのことをしたし、2位を確保できたのは喜ばしい。できる限りバイエルンを追い詰めようとしたが、できなかった」と吐露している。

 ドルトムントはMF香川真司(サラゴサ)が所属した2010-11、11-12シーズンに連覇したのを最後に、バイエルンに8連覇を許すことになった。その原動力は30試合出場33ゴールを挙げたポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキなのは間違いないが、ゴール率なら同等レベルのハーランドがシーズン頭からプレーできる来季は、今季以上にドルトムントとバイエルンが激しく優勝を争うことになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」