ドイツで両軍もみ合いの騒動、「今年最大の非紳士的行為」の瞬間に反響「全員激怒」

口論をするレバークーゼンとシャルケの選手たち【写真:Getty Images】
口論をするレバークーゼンとシャルケの選手たち【写真:Getty Images】

レバークーゼンFWアラリオのプレーが物議、海外メディアも注目「論争が勃発」

 ブンデスリーガ第31節のシャルケ対レバークーゼン戦(1-1)が現地時間14日に行われ、あるプレーを巡ってシャルケの選手たちが憤怒し、両軍がもみ合いになるシーンが起きた。海外メディアは「今年最大の非紳士的行為」「ドイツで論争が勃発」と伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は後半6分、MFダニエル・カリジューリがPKを沈めてシャルケが先制。劣勢のレバークーゼンが反撃に打って出るなか、同13分に問題のシーンが生まれた。

 レバークーゼンが紳士的行為としてシャルケにボールを戻したところから始まる。シャルケGKアレクサンダー・ニューベルがボールを受けて再開されるかと思われたが、猛スピードでボールをかっさらったのがレバークーゼンの元アルゼンチン代表FWルーカス・アラリオだ。

 まさかの事態にニューベルは慌てふためき、体を投げ出してアラリオのシュートを阻止。その直後、守護神が怒りを表現するようにアラリオに詰め寄ると、シャルケの選手たちが続々と駆け付け、突き飛ばし、囲むようにして抗議した。乱闘騒動によりアラリオら3選手にイエローカードが提示されている。

 スペイン紙「マルカ」はアラリオのプレーに触れ、「今年最大の非紳士的行為」と注目。「ゴールキーパーはなんとかボールを食い止め、選手たちがストライカーを追いかけて、その行為を非難した」と伝えている。また同紙アルゼンチン版は「アラリオがボールを返さずにゴールを決めおうとしてドイツで論争が勃発」と記している。さらに米スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターも「シャルケの全員が激怒して、その行動を咎めた」と反応した。

 その後、試合はレバークーゼンが追いついて1-1で終了したものの、アラリオの非紳士的行為を捉えた映像も拡散しており、波紋が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」