「めちゃくちゃ」 GKが珍プレー連発、“恥ずかしい守備”に海外反響「衝撃ジャンプ」

ヴィーツェプスクのGKズミトリー・グシュチャンカが衝撃ミス(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ヴィーツェプスクのGKズミトリー・グシュチャンカが衝撃ミス(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ベラルーシの一戦に脚光、ヴィーツェプスクGKのプレーに海外メディアも驚嘆

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、当初からサッカーのリーグ戦を開催し続けているベラルーシで珍プレーのオンパレードとなった。海外メディアは「恥ずかしい守備」「衝撃のタイミングでジャンプ」と二つのシーンをピックアップし、「もうめちゃくちゃだ」と驚嘆の声を上げている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 注目を集めているのは、7日に行われたベラルーシ1部第12節のヴィーツェプスク対FK BATEボリソフの一戦だ。試合は2-2の引き分けに終わったが、ヴィーツェプスクの32歳GKズミトリー・グシュチャンカのプレーが脚光を浴びている。

 0-0で迎えた前半14分、相手がハーフウェーライン付近から最終ライン裏にパスを供給。これは誰にも合わず、流れたボールがゴールエリア内へと転がった。ここで対応したGKグシュチャンカは、ゴールから出てボールとともに後退。エリア内でボールをキャッチしようと試みた。しかし、相手FWが突進してボールを拾い、無人のゴールに難なく流し込んだ。

 これに反応したのが韓国放送局「SBS」だ。「GKがミス、信じられないほどの恥ずかしい守備」と特集を組むと、「コロナウイルスの感染が急増してもベラルーシのプロサッカーは続いている。今回はゴールキーパーのミスのオンパレードが目を引いた」と伝えた。さらに失点シーンについて「ホームのGKがエリア内でボールを取ろうとした瞬間、相手FWが素早くボールを奪ってネットを揺らした。手ではなく足を使うべきだった」と言及している。

 守護神の悲劇は終わらない。後半13分には、相手が右サイドからクロスボールを供給。逆サイドに相手が走り込んだなか、グシュチャンカが出遅れ、相手にプレッシャーを与えようと遅れてジャンプした。距離が遠いうえ、タイミングもずれており、相手は余裕を持ってボールを落とすの、最後は別の選手が無人のゴールにシュートを決めている。

 記事では「 後半には、ボールの落下地点を誤り、衝撃のタイミングでジャンプしたが、またゴールを献上した」と指摘。グシュチャンカが珍プレーの連続からゴールを献上し、「もうめちゃくちゃだ」と驚きを露わにしている。

 ベラルーシリーグの公式インスタグラムも二つのプレーを収録した映像を公式インスタグラムで公開し、ファンの間でも反響が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ