日本と欧州、なぜコロナ感染率が違う? 知日派のサッカー代理人が指摘「日本人の…」

敏腕代理人の元ドイツ代表MFトーマス・クロート氏【写真:Getty Images】
敏腕代理人の元ドイツ代表MFトーマス・クロート氏【写真:Getty Images】

多くの日本人を欧州に送り込んだドイツの敏腕代理人クロート氏、コロナ騒動に言及

 これまで多くの日本人を欧州リーグへ送り込んだ敏腕代理人の元ドイツ代表MFトーマス・クロート氏は、日本の文化と日本人の特長をよく知る1人だ。新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、日本と欧州で感染率が違う点に触れ、「ライフスタイルや文化と関係がある」とドイツ誌「キッカー」に語っている。

 クロート氏といえば、FW高原直泰(沖縄SV)をはじめ、MF小野伸二(FC琉球)やMF香川真司(サラゴサ)、FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)など、日本人のドイツ移籍に多く携わった代理人だ。記事では「クロートは、代理人業界でアジアサッカーのエキスパートと見なされており、特に日本に優れたネットワークを持っている。日本からヨーロッパ、およびヨーロッパから日本と、50を超える選手とコーチ陣の移籍で重要な役割を果たした」と紹介されている。

 そんなクロート氏にとっても、今回の新型コロナウイルス騒動による影響は大きい。選手やスタッフの減給を決めた海外クラブがあり、クロート氏も「選手たちは一時解雇に直面することがある」と今後の動向に危機感を強めている。

 記事では、新型コロナウイルス感染拡大による欧州と日本の違いに言及。そのなかでクロート氏は「人口密度の高い日本では、感染者数が近隣の中国やヨーロッパに比べて著しく少ない。これは日本人のライフスタイルや文化と関係がある」と指摘している。

 実際、ドイツやイタリアに比べると日本の感染率は低い。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(29日17時30分時点)によれば、世界で66万6211人が感染。イタリアは世界2位の9万2472人、ドイツは5位の5万7695人であるのに対して、日本は29位の1693人となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング