サッカー選手、なぜ新型コロナ感染が多い? 元チェルシー女医が解説…「免疫力低下」指摘

チェルシー時代のカルネイロ医師【写真:Getty Images】
チェルシー時代のカルネイロ医師【写真:Getty Images】

チェルシーでチームドクターを務めたカルネイロ女医、新型コロナ感染拡大について言及

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、サッカー界でも感染者が増え続けている。かつてイングランドの名門チェルシーでチームドクターを務めていたエヴァ・カルネイロ女医が、「なぜサッカー選手はコロナウイルスの格好の標的なのか」という問題について「免疫低下」を理由に解説している。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 カルネイロ女医といえば、2009年から2015年までチェルシーのチームドクターを務め、当時指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督(現トッテナム監督)から性差別的な暴言を吐かれたとして話題を集めた。

 そんなカルネイロ女医が英紙「デイリー・メール」の取材に対応し、サッカー選手が新型コロナウイルスに感染しやすい理由について解説している。イングランドではチェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイ、アーセナルのミケル・アルテタ監督などの感染が確認され、イタリアやドイツでもサッカー選手の感染が急増。記事では「なぜサッカー選手がコロナウイルスの格好の標的なのか」と注目し、カルネイロ女医は次のように語る。

「プロ選手は定期的に免疫力低下になることが証明されています。血液検査、上気道感染症などの感染症の罹患率によって実証されており、それが今回のようにウイルスに感染する要因です。それらはスポーツの運動量にもよります。72時間ごとにある試合、プロレベルでの肉体的活動、そして練習も同様に体に負担をかけます」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング