“オフサイドライン”を太くする? 物議醸すVAR、“厳格すぎる判定”にUEFA会長が持論

今季からプレミアリーグに導入されたVAR【写真:Getty Images】
今季からプレミアリーグに導入されたVAR【写真:Getty Images】

疑問の声が挙がる「センチメートル・オフサイド」にチェフェリン会長が独自の見解

 欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入で世界的に疑問の声が挙がる「センチメートル・オフサイド」に対する方策として、オフサイドラインの線を太くするという対応策を語った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 欧州では今季から、イングランド・プレミアリーグでもVARが導入された。そこでチェフェリン会長や、元アーセナル監督でFIFAのテクニカル部門のチーフを務めるアーセン・ベンゲル氏から疑問が呈されたのが、あまりにも厳格にオフサイドの反則が取られることだった。

 そうした状況にチェフェリン会長は、VARが用いる画面にCGで表示される3Dでのオフサイドラインの太さによって、あまりにもギリギリのオフサイドが判別できないようにするやり方を語った。

「いわゆる『センチメートル・オフサイド』は、オフサイドの反則とは言えない。これはルールの精神には準じていない。明確な間違いであればVARが介入すべきではある。だから、VARが見る画面でのラインを太くすることが必要だと考える。オフサイドラインは、クラブのシーズンを台無しにする可能性もある」

 CGのラインが太くなることで、攻撃側の選手がほんのわずかにオフサイドラインの前に出ている映像は、そのCGによって隠れることになるだろう。規格の統一といった問題は解決すべきものになりそうだが、映像を何度も見直してギリギリのオフサイドを発見するという手順は省かれていく流れにあると言えそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング