久保建英、レアル復帰へ追い風か 神童FWスペイン国籍取得で現地指摘「クボが恩恵」

マジョルカMF久保建英(左)とレアル・マドリードFWヴィニシウス・ジュニオール【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英(左)とレアル・マドリードFWヴィニシウス・ジュニオール【写真:Getty Images】

レアルFWヴィニシウスがスペイン国籍取得へ、スペイン紙が“久保有利”を強調

 マジョルカの日本代表MF久保建英にレアル・マドリード復帰の追い風が吹いているようだ。レアルのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがスペイン国籍取得の手続きを進めると見られ、スペイン紙「AS」は「クボが恩恵を受ける可能性がある」と伝えている。

「ヴィニシウスが国籍を求める」と報じたのはスペイン紙「AS」だ。“神童”として高い評価を受ける19歳アタッカーは、19年9月にブラジル代表デビュー。昨季に続き、今季もレアルの一員としてプレーしている。1日の第26節バルセロナ戦(2-0)では貴重な先制ゴールを決める活躍を見せ、今季ここまでリーグ戦18試合に出場して2ゴールの結果を残している。

 ヴィニシウスは今年7月に20歳となるなか、記事では「ブラジル人は夏に手続きを開始し、2020年末、または2021年初頭の手続きを検討」と報道。ブラジル人選手は、スペインにおいて滞在期間が2年半を超えた場合、二重国籍申請が可能となる。その条件を満たす時期が近づくなか、ヴィニシウスはスペイン国籍取得の準備を進めるようだ。

 クラブもバックアップする模様で、「マドリードは最近、カゼミーロ(ブラジル代表)やフェデリコ・バルベルデ(ウルグアイ代表)がそうだったように、選手を助けて助言をしている」と記している。

 注目はEU圏外選手枠だ。1チームにつきEU圏外選手を3人まで登録可能で、ヴィニシウスがEU圏の選手扱いとなれば、EU圏外選手枠が一つ空く形となる。スペイン紙は「レイニエル、またはクボが恩恵を受ける可能性がある」と指摘。レアル下部組織に所属する18歳ブラジル人MFレイニエルのトップ昇格、または久保のレアル復帰の可能性が高まると見ているようだ。

「ヴィニシウスが残した席は、まだ未来が決定していないレイニエル、またはクボに有利に働くだろう」

 レアルからマジョルカに期限付き移籍中の久保。レアルの一員としてプレーする姿が見られるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング