バイエルンCEO、独代表GKノイアーの“MF起用未遂”を告白 「傲慢な振る舞いだと…」

バイエルンGKノイアーがMFで出場する機会があったかもしれない【写真:Getty Images】
バイエルンGKノイアーがMFで出場する機会があったかもしれない【写真:Getty Images】

優勝決定後にグアルディオラ監督が驚きの“コンバート”を画策

 近年のサッカーでは、守護神にも足元の技術が求められる。バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、フィールドプレーヤー顔負けの足元の技術を誇り、若い頃から最先端を行くGKとして注目されていた。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、過去にブンデスリーガの公式戦でノイアーがMFで出場する可能性があったことを明かしている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 ルンメニゲCEOによると、2013年から16年までバイエルンを率いていたジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ監督)は、リーグ優勝が決まった後のブンデスリーガの終盤戦で、ノイアーをMFで起用する考えを持っていたという。

「タイトルを勝ち獲った後、グアルディオラ監督はノイアーを試合中に中盤へ移す考えを持っていたんだ。彼に、その起用を止めるように説得するのは一苦労だったよ。あまりに傲慢な振る舞いだと批判を浴びかねなかったからね」

 だが、そう話すルンメニゲCEOも技術的にはノイアーがフィールドプレーヤーとしてプレーすることは不可能ではないと考えている様子だ。「結果的に実現しなかったが、私もノイアーは中盤でも良い選手になっていたと思うよ」とも語っている。

 周囲からの反応を危惧したルンメニゲCEOの考えもあり、幻に終わった“ノイアーのMF起用”。もし実現していたら、どんなプレーを見せていただろうか。


(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング