マンU、スールシャール監督の後任に英代表サウスゲイト監督招聘のプランが浮上

マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督の後任候補にサウスゲイト監督が浮上【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督の後任候補にサウスゲイト監督が浮上【写真:Getty Images】

勝ちきれない試合が多く、スールシャール監督への批判が増加

 マンチェスター・ユナイテッドはチームの成績が改善されなかった場合にオレ・グンナー・スールシャール監督を解任し、イングランド代表を率いる監督招聘を検討すると、英紙「デイリー・メール」が報じた。

 ユナイテッドは現在プレミアリーグで5位(9勝7分8敗)。スールシャール監督は暫定監督として就任した一昨年末こそチームを立て直すことに成功したが、現在は勝ちきれない試合が多く、批判の対象となっている。

 解任説がメディアで取り上げられる一方、クラブの首脳陣はスールシャール監督を信頼し、続投させる方針だと伝えられている。

 とはいえ、タイトルから遠ざかっている現状を無視はできないだろう。記事では今夏に行なわれる欧州選手権(EURO)後の監督交代の可能性が指摘されている。

「マンチェスター・ユナイテッドはもし今季のオールド・トラッフォードでの成績が改善されなければ、オレ・グンナー・スールシャールの解任を検討するだろう。その場合、EURO2020後に引き受ける形でギャレス・サウスゲイトが有力な候補となる」

 イングランド代表をロシア・ワールドカップ4強入りに導いた指揮官が後任候補に浮上しているというのだ。

 UEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の4位チェルシーとの差も6ポイントに開いているが、残り14試合でどこまで浮上することができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング