「ショッキングな結末」 日本の“歴史的敗退”に海外メディアも騒然「赤っ恥の脱落」

シリアに屈した日本はまさかのグループリーグ敗退に【写真:Getty Images】
シリアに屈した日本はまさかのグループリーグ敗退に【写真:Getty Images】

U-23日本代表が連敗で史上初のグループリーグ敗退が決定「五輪のホスト国として…」

 U-23日本代表は現地時間12日、東京五輪の最終予選も兼ねたU-23アジア選手権の第2戦でシリアと対戦し、1-2と敗戦。史上初のグループリーグ敗退が決定した。海外メディアも「ショッキングな結末」と驚きを示し、「赤っ恥の脱落」と糾弾している。

 初戦のサウジアラビア戦を1-2で落とし、負ければ敗退という後のない状況となっていたが、前半9分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、ペナルティーエリア内でDF町田浩樹(鹿島アントラーズ)のファウルを取られた。与えたPKを決められ、早々にビハインドを背負う展開となった。

 それでも前半30分、MF相馬勇紀(名古屋グランパス)がペナルティーエリア手前から鋭いミドル弾をゴール右隅に沈め同点とするも、疲労の色が見え始めた後半43分にカウンターの場面から痛恨の追加点を与えてしまい、2連敗でグループリーグ敗退が決定した。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版も「日本がシリアに面食らい、ショッキングなリタイアで苦悩」と見出しを打ち、日本に訪れたまさかの結末に驚きを示し、「赤っ恥の脱落」と糾弾。「今年の2020年五輪のホスト国として、ショッキングな結末を迎えることになった」と指摘している。東京五輪は年内に迫っているが、日本には危機的状況が訪れている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング