開始8分で涙の負傷交代 東久留米総合の主将DF下田、仲間の奮闘に感謝「笑顔で終われた」

東久留米総合の主将DF下田将太郎(※写真は入場行進の時のものです)【写真:Football ZONE web】
東久留米総合の主将DF下田将太郎(※写真は入場行進の時のものです)【写真:Football ZONE web】

“公立の雄”対決で守備の要を襲った悲運

 第98回全国高校サッカー選手権1回戦、“公立の雄”対決で誰よりも悔しさを味わったのは東久留米総合(東京A)のキャプテン、DF下田将太郎だった。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 31日に味の素フィールド西が丘で行われた草津東(滋賀)との1回戦、開始早々に相手エースのシュートを必死のブロックで防ごうとしたところで右足を痛め、わずか8分でピッチを去ったのだ。

「スライディングで防ごうとしたところ、足が出てきて……仕方ないです」

 試合後、下田はこう語った。

 同校は都大会では2回戦から決勝まで4試合連続で1-0と勝利。まさに“ウノゼロの方程式”ができ上がっていた。それを下支えしていたのはディフェンスリーダーの下田が統べる4バックだったが、前半4分にまさかの事態が起こる。草津東の左からのクロスを相手のエースFW渡邉颯太に巧みなボールコントロールからシュートを決められ、東久留米総合は先制点を許す展開となった。

 ここで必死にブロックに行った際、下田は右足首付近を痛めてしまった。緊急治療を施して立ち上がったものの、骨折の可能性もある状況でのプレーは難しく、同学年で日々のトレーニングで空中戦を磨き合ったDF鈴木亜藍に思いを託した。

 ここから草津東は中盤で巧みにボールを動かしつつ、素早い攻撃を仕掛けてくる。前半19分にはCKからオウンゴールを誘発し、同31分には再び渡邉が豪快に蹴り込み3-0。東久留米総合が迎えた苦境を下田は痛めた足をアイシングし、ベンチで見つめるしかなかった。加藤悠監督は「今まで下田がいないゲームがなかった。混乱した部分がある。(負傷については)かわいそうで仕方ない」とも話していた。

 それでも後半に入って東久留米総合は、不屈のメンタルを見せる。同5分にFW松山翔哉がドリブルシュートでゴールを脅すと、同13分にはその松山が執念のスライディングシュートを決める。同24分にはロングボールに相手GKが飛び出し、DFのクリアがこぼれたところを7番MF柳田晃陽が無人のゴールに蹴り込み、ついに1点差。下田のために――そんな気持ちを感じさせる逆襲劇だった。実際、指揮官も「練習していたことを出してくれて僕自身も楽しかった」と語ったほどだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド