PSG、”イカルディ→ネイマール→ムバッペ”の10秒高速連係弾に称賛 「幻覚を起こす」

(左から)PSGのイカルディ、ネイマール、ムバッペ【写真:Getty Images&AP】
(左から)PSGのイカルディ、ネイマール、ムバッペ【写真:Getty Images&AP】

アミアン戦で自陣から電光石火のカウンターが炸裂して先制点を奪取

 フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間21日のリーグ・アン第19節アミアン戦で4-1と勝利し、首位を快走している。フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの攻撃陣がゴール揃い踏みとなったなか、先制弾となった華麗な高速カウンター弾が「フランスに幻覚を起こす」と称賛を受けている。

 ホームで下位のアミアンを迎え撃ったPSGは、前半10分に格の違いを見せつけた。味方がクリアしたこぼれ球を、イカルディが相手を背負いながらダイレクトでネイマールへパス。これに反応したネイマールはマーカーがプレッシャーに来るより先に前線へスルーパスを送ると、スペースに抜け出したムバッペが高速ドリブルでペナルティーエリア内に持ち込み、最後はアミアンGKレジス・ギュルトネが飛び出してきたところを見透かしたような鮮やかなループシュートで先制弾を決めてみせた。

 クリアからゴールまでわずか10秒。まさに電光石火のゴールにスペイン紙「AS」は「フランスに幻覚を起こすイカルディ、ネイマール、ムバッペの10秒弾」と見出しを打ち、「パリ・サンジェルマンはアミアンと対戦。イカルディが発動させ、ネイマールがお膳立てし、ムバッペがフィニッシュした完璧なカウンター」と華麗な連係弾を称えている。

 PSGは後半にもネイマール、ムバッペ、イカルディがゴールを挙げて4-1で完勝。攻撃陣が好調をキープしており、リーグ3連覇に向けて力強く勝利を重ねている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド