なでしこ高倉監督、南アフリカに快勝も東京五輪へ課題指摘 「崩しのところで…」

なでしこジャパンの高倉監督【写真:Getty Images】
なでしこジャパンの高倉監督【写真:Getty Images】

南アフリカとの国際親善試合で2-0と勝利、高倉監督は攻撃の改善点に言及

 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は、10日に南アフリカとの国際親善試合を行い2-0で勝利を収めた。一方で高倉麻子監督は「テンポが自分たちのものにならないスッキリしない試合になった」と喜びは少なかった。

 この試合でのテストの一つとして、普段は攻撃的なポジションでプレーする左利きのFW遠藤純(日テレ・ベレーザ)を左サイドバックで起用した。相手ボール時のポジション取りや、攻撃参加のタイミングなどは慣れていない感を出していたが、ボールが入れば違いを生みだしそうな気配はあった。そうしたトライに高倉監督は「選手は前向きに取り組んでくれた」と、一定の評価を与えている。

 一方で、なかなか対戦する機会のないアフリカ勢が持つ身体能力を相手にしたチームについて、高倉監督は「自分たちのペースで進める時間はあったが、個の強さ、一瞬の速さで球際が自分たちのものにならず、テンポが自分たちのものにならないスッキリしない試合になった」と、見た目のボール保持率ほど支配した感覚がないことを口にしている。

 南アフリカは今年の女子ワールドカップ(W杯)に出場した実力国だが、来年の東京五輪にはアフリカ予選で敗退。地元開催での躍進、メダルを狙う日本としては、これ以上の力を持つアフリカ勢と大会のどこかで対戦しなければならない可能性は十分にある。

 現在のチームに選手が残る国際大会では、2011年、15年、19年の女子W杯で15年にカメルーン、12年のロンドン五輪で南アフリカと対戦したことがあるだけであり、この親善試合は貴重な経験になったと言えるのだろう。

 そして前半に2得点した一方で、後半には決定機を立て続けに逃す場面もあっただけに、高倉監督は「全体的な強度を上げていかなくてはいけないし、崩しのところで思い切ったシュートも少ない。ゴールを奪うというところではもっと修正できると思う」と、ゴールを奪うという観点からの課題も挙げている。

 前回の16年リオデジャネイロ五輪への出場を逃し、今年の女子W杯では16強でオランダに敗退しただけに、東京五輪では「強いなでしこ」の復活を世界にアピールしたいところ。指揮官にとっては課題と収穫の両面があった試合になったと言えそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」