レアルOBグティ氏、スペイン2部アルメリアの監督就任 初陣は香川所属のサラゴサ戦か

アルメリアの監督に就任したグティ氏【写真:Getty Images】
アルメリアの監督に就任したグティ氏【写真:Getty Images】

初のプロチームでの指揮はアルメリアに決定

 レアル・マドリードで活躍した“貴公子”グティ氏が、リーガ2部アルメリアの監督に就任することが決まった。スペイン紙「マルカ」は「グティ、アルメリアの新監督に」と報じている。

 アルメリアはリーガ2部で14試合を終えた現在、カディスに次ぐ2位につけていたが、現地時間4日にペドロ・エマヌエル監督を解任。その後任として、レアルで活躍した元スペイン代表MFグティ氏が選ばれた。アルメリアはクラブ公式ツイッターで、夜空に「14」の文字が照らし出されるアニメーション動画を公開。「No.14が浮かんでいるのを確認」とし、レアルで14番を背負ってプレーしていたグティ氏の就任を伝えている。

 現役引退後にレアルの下部組織で監督を務めていたグティ氏にとっては、これが初のプロチームでの指揮となる。その舞台となるのは日本代表のFW岡崎慎司(ウエスカ)やMF香川真司(サラゴサ)、MF柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)ら日本人選手も多くプレーするリーガ2部だ。

 注目の初陣は、香川の所属するサラゴサ戦(現地時間10日)となりそうだ。現役時代には高い得点力と魔法のようなパスで観客を沸かせた天才MFは指揮官としてどのような采配を見せてくれるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング