W杯予選開幕3戦「11得点・0失点」が意味するもの 森保ジャパンは盤石なのか?

アジア2次予選、3連勝で単独首位に立った日本代表【写真:Yukihito Taguchi】
アジア2次予選、3連勝で単独首位に立った日本代表【写真:Yukihito Taguchi】

06年大会予選のホーム&アウェー方式採用後では、3連勝&無失点は“最高のスタート”

 森保一監督率いる日本代表は、15日に行われた敵地でのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦に3-0で勝利。グループFの上位対決を制し、3連勝で単独首位に立った。10月の2連戦は不動の1トップを務めるFW大迫勇也(ブレーメン)が不在だったなか、開幕3試合で「11得点・0失点」。現行のホーム&アウェー方式になった2006年W杯以降では“最高のスタート”となったが、森保ジャパンは盤石なのか。

 W杯アジア2次予選で日本(FIFAランキング31位)は、キルギス(同97位)、タジキスタン(同115位)、ミャンマー(同145位)、モンゴル(同183位)と同居。初戦となった9月の敵地ミャンマー戦で2-0と白星スタートを飾った。10月の2連戦はエースの大迫が負傷で不在のなか、モンゴル戦では6人がゴールを挙げて6-0で大勝。敵地でのタジキスタン戦も、後半にMF南野拓実(ザルツブルク)の2得点などで相手を突き放し、3-0で勝利した。

 現行のホーム&アウェー方式になった06年ドイツW杯予選以降の予選開幕3試合を見てみると、ドイツ大会予選:3勝(10得点・1失点/ホーム2試合)、南アフリカ大会予選:2勝1敗(7得点・2失点/ホーム2試合)、ブラジル大会予選:2勝1分(10得点・1失点/ホーム2試合)、ロシア大会予選:2勝1分(9得点・0失点/ホーム2試合)。04年の初戦オマーン戦(1-0/ホーム)、08年の第2戦バーレーン戦(0-1/アウェー)、2011年の初戦北朝鮮戦(1-0/ホーム)、15年の初戦シンガポール(0-0)と過去の予選では、敗戦も含めていずれも序盤でギリギリの戦いを強いられてきた。

 今回の3連勝(11得点・0失点/アウェー2試合)は、数字上は最高のスタートと言っていい。では、森保ジャパンは盤石なのか。その答えは決して「イエス」ではないだろう。グループに同居した対戦国は、日本にとって“格下”である。タジキスタン戦の前半は、人工芝という不慣れな環境を差し引いても相手に主導権を握られるシーンが多かった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」