「ちょっと嫌だなと感じたけど…」 柴崎岳、前半苦戦も「90分のマネジメント」に手応え

日本代表MF柴崎岳が前半の苦戦について言及【写真:AP】
日本代表MF柴崎岳が前半の苦戦について言及【写真:AP】

タジキスタン戦は前半に苦戦するも、後半に一挙3得点で快勝

 森保一監督率いる日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(リパブリカン・セントラル・スタジアム)に臨み、3-0で勝利を収めた。先発フル出場したMF柴崎岳は前半の苦戦に言及しつつ、「結果もチームのメンタリティーも良かった」と90分を通しての出来に手応えを示した。

 日本は前半、アグレッシブに試合に入ってきたタジキスタンに苦戦を強いられるが、後半に入ると巻き返す。同8分にMF南野拓実がヘディングで先制ゴールを叩き込むと、2分後には再び南野が決めて2点目。同37分には途中出場のFW浅野拓磨がダメ押しのゴールを決め、タジキスタンに引導を渡している。

 柴崎はボランチとして先発フル出場。「前半に相手のサポーターの後押しもあって、慣れた環境を生かして彼らのスタイルを存分に出してきた」と前半を振り返り、ピッチ上で感じたことを明かしている。

「前半は決定機をものにできず、ちょっと嫌だなと個人的には感じましたけど、あたふたしても仕方ない。0-0で後半にしっかりと続けてチャンスを作るためにやっていこうという強い気持ちではいました」

 結果的に、焦らず後半勝負に持ち込む試合運びが奏功し、敵地から勝ち点3を持ち帰ることに成功した。柴崎は「前後半で分けて考える必要はないし、試合を通して90分のマネジメントとして考えるほうがいい」と持論を展開。試合の中で耐えながら修正できたことで、「結果もチームのメンタリティーも良かったと思う」と評している。

 もちろん、結果によって課題から目を背けるわけではない。「日本としては切り替えのスピードがいつもより遅かったことと、攻めている時のポジショニングがいつもより曖昧だった」という反省も、しっかりと持っている。ただ、良くない時間帯を引きずらず、90分トータルで勝利に持ち込む力は頼もしい。柴崎の言う“メンタリティー”は、今後のアジアの戦いでも重要なものになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も