「ラグビーW杯へと変貌」 森保Jの圧勝も… アジア予選での“異変”に海外記者も注目

日本代表はモンゴル戦で、南野の先制点を始めとする6得点を奪った【写真:Noriko NAGANO】
日本代表はモンゴル戦で、南野の先制点を始めとする6得点を奪った【写真:Noriko NAGANO】

日本はモンゴルに6-0の大勝 他会場でも点差開くワンサイドゲームが相次ぐ

 日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦し、6-0の勝利を収めた。15日には第4戦のタジキスタン戦を敵地で控えているが、10日にアジア各国で行われた予選で起きた“異変”に海外記者が注目している。

 モンゴル戦はエースFW大迫勇也(ブレーメン)を負傷で欠くことになったが、前半22分にMF南野拓実(ザルツブルク)が先制点を奪うと、同29分にDF吉田麻也(サウサンプトン)、同34分にDF長友佑都(ガラタサライ)、同40分にFW永井謙佑(FC東京)と前半だけで4得点のリードを奪う。さらに、後半12分にMF遠藤航(シュトゥットガルト)、同37分にMF鎌田大地(フランクフルト)がネットを揺らし、怒涛のゴールラッシュを披露した。

 一方、他会場で行われた試合もワンサイドゲームが目立つ展開に。韓国はスリランカに8-0、中国はグアムに7-0、オーストラリアはネパールに5-0、ウズベキスタンはイエメンに5-0、そしてイランは元日本代表MF本田圭佑が実質監督を務めるカンボジアを相手に14-0の圧勝を収めていた。

 英紙「イブニング・スタンダード」のジョー・クリシュナン記者は公式ツイッターで「アジアのW杯予選では狂ったスコアボードが並んだ」と投稿すると、英衛星放送「BBC」に務めるジョン・ベネット記者は「この日はW杯アジア予選がラグビーW杯へと変貌した」と、ラグビーのスコア並みに大差が開いたことを強調していた。

 現在日本ではラグビーW杯が開催しており、熱狂の渦を巻き起こしているが、10日に行われたアジア予選は海外記者も驚きを隠し切れないほどサッカーらしからぬ点差のついた試合が多く、アジア大陸内での格差が浮き彫りとなったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」