久保建英のデビュー評は? マジョルカ監督が“辛口評価”も寛大「時間を与えなければ」

マジョルカでのデビュー戦を終えた久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカでのデビュー戦を終えた久保建英【写真:Getty Images】

バレンシア戦後半34分から出場でスペインデビュー

 スペイン1部マジョルカは現地時間1日のリーグ第3節バレンシア戦で0-2と敗れた。試合後、ビセンテ・モレノ監督は後半34分からピッチに立ち、スペインデビューを飾った日本代表MF久保建英について触れ、「もしチームに食い込みたいなら向上しないといけない」と指摘した一方、「時間を与えなければいけない」と寛大な一面も見せている。

 今夏、FC東京からスペイン1部の名門レアル・マドリードへ移籍した久保は、8月22日にレアルからマジョルカへの期限付き移籍。同25日の第2節レアル・ソシエダ戦はメンバー外となった一方、今節バレンシア戦はベンチスタートとなった。

 試合は前半42分、マジョルカがPKを与えて先制点を献上。さらに後半12分、相手CKの競り合いからハンドで再びPK判定となり、スペイン代表MFダニエル・パレホに連続で決められて0-2とリードが広がった。

 そのなかで久保は後半34分から途中出場。18歳89日で欧州4大リーグにおける日本人最年少デビューを果たした。試合は0-2で敗れたなか、モレノ監督は「非常に複雑なゲームだった。我々はいつも通りの良いプレーをした。しかし、1部ではそれだけでは不十分だ」と振り返り、「ライバルとの違いはプレーの質」と敗因を挙げている。
 
 またこの日、新天地デビューを飾った久保について触れ、「難しかったね。良くなるように変化を求めたが変わらなかった。もしチームに食い込みたいなら向上しないといけない。(彼にとって)これが最初のゲームであり、時間を与えなければならない」と言及。日本人アタッカーの成長を見守りつつ、アピール次第で先発抜擢の可能性を示唆している。

 久保は日本代表メンバーに選出され、9月5日の国際親善試合パラグアイ戦、同10日のカタール・ワールドカップアジア2次予選ミャンマー戦を戦う。マジョルカでの試合は13日のリーグ第4節アスレチック・ビルバオ戦となるが、スペインで自らの地歩を固めていけるだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング