引退のトーレスが日本人選手に送った“最後の金言” 「クオリティーは非常に高いが…」

現役を引退した鳥栖FWトーレス【写真:安藤 隆】
現役を引退した鳥栖FWトーレス【写真:安藤 隆】

チームとしての機能性向上の必要性を強調 「それを踏まえて発展していかなければ」

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは23日、J1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦に先発出場。18年間のキャリアに終止符を打つ引退試合は1-6と大敗を喫したものの、神戸に所属する旧友の同MFアンドレス・イニエスタとともにピッチに立ち、一つの時代に終止符を打った。試合後、トーレスは日本人選手に対し、現役選手としての“最後の金言”を口にした。

 昨夏に鳥栖へ加入したトーレスは、熾烈な残留争いに巻き込まれるも、前線で体を張るターゲットマンとして“フォア・ザ・チーム”のプレーに徹し、J1残留に貢献した。しかし、今季は度重なる負傷離脱もあって、本領を発揮できない時間が続き、シーズン半ばで引退を決断。旧友イニエスタを最後の“敵”とした神戸戦を最後に、18年間のキャリアに終止符を打つ決断を下した。

 ラストゲームは6失点の惨敗を喫するまさかの展開となったが、試合直後の引退セレモニーではイニエスタ、そしてかつての相棒である元スペイン代表FWダビド・ビジャと涙を浮かべながら抱擁を交わすなど、感動的なフィナーレを迎えた。

 セレモニーを終えて約1時間後に記者会見に臨んだトーレスは、約1年間、Jリーグのピッチに立ったうえで「日本人のクオリティーは非常に高い」と振り返った。一方で、「Jリーグは発足してまだ30年経っていないよね? クラブを含めてまだ若いんだ」と切り出し、「良くなっていく伸びしろがあるということ。何回も言うが、選手の質は高い。それでも、サッカーはチームスポーツ。チームとして機能するにはまだ時間がかかるし、それを踏まえて発展していかなければならない」と指摘した。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング