鳥栖の元スペイン代表FWトーレス、秘めた“日本愛”を吐露 「好きになった日本は…」

街並みを見ながら告白 「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。けど…」

 多くの人に愛された“神の子”は日本で18年のキャリアにピリオドを打つ。トーレス本人にとっても日本での現役引退は予想外だったという。「移籍する度に『このクラブでキャリアを終える』と思ってやってきたけど、まさか日本に来るとは想像もしていなかった」と率直な思いを口にしている。

 そんなトーレスは引退会見で移動している際、東京の街並みを見ながら「来日前は東京の印象が強くて……」と切り出し、「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。高層ビルが並んでいて、テクノロジーやイルミネーション、人通りの多い道路がたくさん」と語る。 ところが「でも……」と続ける。

「私が好きになった日本は、郊外や神社や日本家屋といった伝統的な日本だと気づいた。日本には期待以上のものがたくさんある」

 日本愛を口にするトーレスは「初日から温かく応援してくれた鳥栖のサポーターに感謝している。残留に貢献したF・マリノス戦のゴール、みんなで泣いたことは忘れられない。最後まで彼らと一緒に楽しみたいね」と鳥栖愛も強調した。

 キャリア最後の試合となる神戸戦で“神の子”はどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング