神戸新コーチのモラス雅輝と“大物監督” 欧州で幅広いネットワークを築けた理由とは?

(左から)シュテーガー氏、ヒュッター氏、フィンク氏、フィンケ氏【写真:Getty Images】
(左から)シュテーガー氏、ヒュッター氏、フィンク氏、フィンケ氏【写真:Getty Images】

大物たちとコンタクトを取るうえでの、オーストリアならではの利点

 ヴィッセル神戸のアシスタントコーチに就任したモラス雅輝は、オーストリアサッカー界を中心に、他の人が簡単に手にできないような素晴らしいネットワークを築き上げてきている。5月下旬、インスブルックのカフェでいろいろな話をしていた最中に、ふとした話の流れから何気なくiPhoneを取り出して連絡先を見せてくれたのだが、そこにある名前を見て僕は驚いた。

アディ・ヒュッター(フランクフルト監督)
ペーター・シュテーガー(元ケルン、ドルトムント監督)
トルステン・フィンク(ヴィッセル神戸監督)
フォルカー・フィンケ(元フライブルク、浦和レッズ監督)
カルステン・ヤンカー(元バイエルンFW)
ハンシィ・フリック(元ドイツ代表アシスタントコーチ)

 ブンデスリーガ監督にドイツ代表アシスタントコーチと、凄い名前ばかりだ。「僕がしつこいだけですよ」と屈託なく笑いながら、モラスはネットワークを築くという点においてオーストリアならではのメリットを説明し出した。

「思うのはオーストリアとかスイスくらいの、面積・人口からすると小さな国にいると、上の立場の人ともネットワークを築きやすいなあと。オーストリアリーグ機構もそうですし、サッカー協会、ブンデスリーガのクラブもほぼ全部つながっているんですよ。あとクラブ(ヴァッカーインスブルック)の会長が、リーグ機構の会長でもあるんです」

 確かにドイツでは、“上の立場の人”とはなかなか簡単にコンタクトを取ることもできない。新手の市場を狙う代理人やベンチャー企業がチャンスをつかもうと、あの手この手でアピールしてくる。自然と警戒心も高まり、よほどの関係性やバックボーンがないとアポイントを取ること自体が困難だ。

 その点モラスは、電話一本でスイスやドイツの女子ブンデスリーガ監督に直接電話をかけて、テストマッチをオーガナイズすることができる立場にいるし、そのためのネットワークを築き上げてきた。今夏には今季オーストリアブンデスリーガ2位と躍進を遂げたLASKリンツ監督オリバー・グラスナーの下で、研修を受ける予定もあったそうだ。グラスナーがドイツのヴォルフスブルク監督に就任したことで、この話自体は流れてしまったが、「そういう人とも普通につながる」ネットワークがあることは凄い強みだ。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング