ポグバ、“世界最高”の122億円がもたらした苦悩を吐露 「僕は移籍で別の選手になった」

ビッグディールで感じた重圧…MFならではの苦悩も

 また、「きっと僕がミッドフィールダーだからというのもあるだろう。人々は僕のことをゴールを決めて、すべてをするストライカーのように見ている」と、中盤選手にもかかわらずそれ以上の期待をされてしまったとの見解を示した。後に“世界で最も高額な選手”の称号はFWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペに移ったが、そのことでホッとしたかと聞かれると、「彼らはあまりプレッシャーを感じないと思う。なぜなら、彼らは本当のストライカーだからだ。そういう期待がついてくるとは思っていたし、大きなインパクトになるとも分かっていたが、まさかこんなにネガティブになるとは思っていなかった」と答えた。

 さらに、この移籍の前までは今ほど多くのネガティブな批評はなく、慣れていなかったとし、「だから大きな変化だった。驚いたし、プライスタグでこんなに変化が起きるとは思ってもいなかった」と続けた。今夏の移籍市場ではユーベ復帰やレアル・マドリード移籍が噂されるポグバだが、苦悩を乗り越えて再び飛躍することはできるのだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング