韓国がU-20W杯で初の決勝進出 「日本を破ったのと同じ会場」での快挙にFIFA着目

U-20W杯史上初となる決勝進出を果たした韓国代表【写真:Getty Images】
U-20W杯史上初となる決勝進出を果たした韓国代表【写真:Getty Images】

エクアドルを1-0で破り決勝へ アジア勢初優勝を懸けてウクライナと対戦

 U-20ワールドカップ(W杯)準決勝が現地時間11日に行われ、韓国はエクアドルを1-0で下し、同国史上初となる同大会決勝進出を果たした。FIFA公式サイトでも、この快進撃が称えられている。

 試合は立ち上がりこそ韓国がボールを保持する形となったが、徐々に南米王者エクアドルが主導権を握る展開となっていく。しかし前半39分、左サイドでFKを獲得すると、エースのFWイ・ガンインがクイックリスタートでスルーパスを送る。これに反応したMFチェ・ジュンがゴールを陥れ、先制点をゲットした。

 後半に入ると守備を固める韓国に対して、エクアドルが遮二無二攻め立てる展開に。アディショナルタイムにはパワープレーからゴールネットを揺らしたが、VAR判定によってノーゴールとなり、最後にはGKイ・グァンヨンのビッグセーブもあり、虎の子の1点を守り切った。

「韓国は史上初となるU-20W杯決勝行きのチケットを手にした。彼らはラウンド16でアジアのライバルである日本を破ったのと同じ会場だったこともあり、ポーランド東部の都市は永遠に韓国の人々にとって特別な場所として記憶に残っているだろう」

 公式サイトではこのように、日本戦を含めた戦いぶりについて触れている。ルブリンの地で日本戦、エクアドル戦ともに1-0と接戦をものにして勝ち上がった勝負強さに着目しているようだ。決勝の相手はイタリアを1-0で下したウクライナ。どちらが勝っても初優勝、そして韓国が勝てば同大会史上初となるアジア勢の世界一となる。15日の決勝は両チームともに最高のモチベーションで挑む一戦となりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング