Jリーグに“帰還”した日本人指導者 オーストリアで名将から学んだ情熱と積み重ねた経験

神戸のアシスタントコーチに就任したモラス雅輝氏【写真:中野吉之伴】
神戸のアシスタントコーチに就任したモラス雅輝氏【写真:中野吉之伴】

神戸のアシスタントコーチに就任したモラス雅輝氏 トラパットーニ監督の“生きた言葉”を吸収

 先日、監督交代を発表したJ1リーグのヴィッセル神戸で新たにアシスタントコーチを務めることになったのがモラス雅輝だ。

 その名前からよく誤解されるが、ハーフではない。母親の再婚相手の姓を名乗っている生粋の日本人だ。ドイツに渡ったのが16歳の時。18歳の頃から指導者としての活動を開始すると、オーストリアを中心に活躍の場を広げ、その堅実で情熱的な仕事ぶりは高く評価されている。

 2007年にはオーストリア・ブンデスリーガ1部レッドブル・ザルツブルクで、元日本代表の宮本恒靖(現・ガンバ大阪監督)と三都主アレサンドロの通訳を担当。その後、09年には浦和レッズでフォルカー・フィンケ監督の下でコーチに就任していた。5月下旬、インスブルックの旧市街にある素敵なカフェに案内してくれてくれたモラスは、これまでの自分を述懐しながら落ち着いた口調で語り出した。

「自分はある意味、ラッキーだったと最近本当に思うんですね。日本ではフィンケとも仕事ができた。そして僕がレッドブル・ザルツブルクに初めて行った時には、監督がトラパットーニだったんです。1年半、彼からいろいろ学べた。考え方もすごく面白かった」

 出てきた名前はイタリア代表やユベントス、バイエルンで指揮を執るなど世界的な名将の1人だったジョバンニ・トラパットーニ。モラスは通訳として監督の生きた言葉に触れ、貪欲に吸収していった。

「トラパットーニは確かに守備第一で、チームがリードしていたら絶対フォワードは外して、守備に1枚入れるというのはあった。でも彼のハーフタイムでの選手に対する接し方とか、コミュニケーションの取り方とか、練習中の、特に若い選手に対しての教え方とかは素晴らしかった。あの時で68歳だったんですけど、選手に対する愛情、選手にこれを伝えたいっていう気持ちがすごかった。

 ある時の練習で若い選手のスローインが良くなかったと指導し始めるんですけど、すぐにスイッチが入っちゃう。残りの選手が『いつ終わるんだ、これ?』と思っているんだけど、気にせずに一生懸命教えている。70歳近い人が、18歳や19歳の選手にそこまでの情熱を持ってスローイン一つ指導しているのを見て、僕は本当にすごいと思った」

【PR】「DAZN」で日本代表戦! コパ・アメリカ全試合独占配信決定! 今なら2か月無料キャンペーン実施中!

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング