3冠はならずとも…メッシの“ヤバすぎる”成績に英メディア注目 「責めることはできない」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

公式戦49試合出場51ゴール19アシスト チャンス創出回数も「46」と傑出

 今季リーガ・エスパニョーラ連覇を果たしたバルセロナだが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では準決勝でリバプールに敗れ、スペイン国王杯決勝でもバレンシアに敗れて3冠とはならなかった。ところが、今季チームの主将を務めたエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ個人の成績に注目すると、その数字は衝撃的なものだった。英メディア「GIVE ME SPORT」が伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールとのCL準決勝では、本拠地カンプノウでの第1戦を3-0で制しながら、敵地アンフィールドで精神的なナイーブさを露呈して0-4の大逆転負けを喫したバルセロナ。2年連続での国内2冠がかかった現地時間25日のコパ・デル・レイ決勝でもバレンシアに0-2とリードを奪われ、後半にメッシが1点を返すも及ばなかった。

 リーグタイトルのみに終わってしまった今季のバルセロナ。ところが、メッシ個人の成績を見ると、2018-19シーズンのバロンドール賞候補に値するほどの記録だった。

 ヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州リーグ得点王)通算6回受賞のメッシは、今季リーグ戦で36ゴールをマーク。公式戦では49試合に出場し51ゴール、さらに「GIVE ME SPORT」によると19アシストを記録した。記事では「1シーズンに得点に絡んだ回数が“70”はヤバすぎる」と、その衝撃を表現している。

 また、今季はゴールスコアラーとしてだけではなく、プレーメーカーとしても傑出したパフォーマンスを見せ、46回のチャンスを作ったことも紹介。「リバプール戦とバレンシア戦での敗戦が人々の記憶には焼き付いているが、この数字を見れば間違いなくメッシを責めることはできないだろう」と締めくくっている。たとえ3冠を逃しても、2018-19シーズンのメッシが規格外の活躍を見せたという事実は、データとして証明されることになった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】