U-20日本代表、メキシコ撃破でグループ突破へ前進 影山監督が称賛「よくやってくれた」

U-20日本代表の影山監督【写真:Getty Images】
U-20日本代表の影山監督【写真:Getty Images】

宮代と田川のゴールで3-0快勝 指揮官はイタリア戦に向けて冷静「しっかり準備したい」

 U-20日本代表は現地時間26日、ポーランドで行われているU-20ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のメキシコ戦に臨み、前半にFW宮代大聖(川崎フロンターレ)が先制ゴール、後半にFW田川亨介(FC東京)、さらに宮代がこの日2点目のゴールを決めて3-0で快勝。1勝1分の勝ち点4でグループリーグ突破へ前進したなか、影山雅永監督は「よくやってくれたと思います」と選手たちの働きを称えた。

 スコアが動いたのは前半21分だった。MF藤本寛也(東京ヴェルディ)のパスから走り込んだ宮代が左足を振り抜き、シュートはゴール右隅に吸い込まれた。さらに後半7分、日本が右CKを獲得。キッカーの藤本が左足でクロスを送ると、ニアサイドで田川がヘディングですらし、左ポストに当たってからゴールへと吸い込まれた。

 メキシコも反撃に打って出たが、同32分には田川からのスルーパスに宮代が抜け出し、この日2点目で勝負あり。日本が3-0とメキシコを寄せ付けず、2試合を終えて1勝1分の勝ち点4でグループリーグ突破へ前進している。

 試合後、影山監督は「まだグループ突破が決まったわけではないので、3試合目のイタリア戦に向けてしっかりと準備したい」と言及。29日に控える第3戦イタリア戦に向けて兜の緒を締めた。

 日本は初戦エクアドル戦で1-1と引き分けに終わっていたなか、「この間の試合で前半、ちょっと自分たちのプレーができず、良い勉強代を払ってしまった」と振り返った影山監督。その教訓を生かし、「それをこの試合でしっかりと報酬を得られるように発揮しようじゃないかということで、よくやってくれたと思います」と選手の奮闘に賛辞を送っている。

 イタリア戦に向けて「強敵ですけれども自分たちのコンディションを整えて、良い試合ができるように準備します」と力を込めた影山監督。日本は連勝でグループ首位通過を決めることができるだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング