エクアドル人記者が見たU-20日本代表 「高い身体能力」と「賢い動き」を称えた選手は?

U-20日本代表【写真:Getty Images】
U-20日本代表【写真:Getty Images】

U-20W杯の初戦で“南米王者”と1-1ドロー 対戦国記者が2人の日本人選手に賛辞

 影山雅永監督率いるU-20日本代表は現地時間23日、ポーランドで開催されているU-20ワールドカップ(W杯)でU-20エクアドル代表と対戦し、1-1で引き分け勝ち点1を手にした。グループリーグ突破に向けて初戦での勝ち点獲得を目指した日本に対し、引き分けという結果に終わった“南米王者”エクアドル。地元メディアの記者の目に、日本の戦いぶりはどのように映ったのだろうか。

 日本は立ち上がりこそ良い入りを見せたものの、徐々にエクアドルの攻撃を許すこととなり、前半終了間際の45分にGK若原智哉(京都サンガF.C.)のパンチングしたボールがFW田川亨介(FC東京)の顔面にヒットしてボールはゴールの中へ。不運なオウンゴールで先手を奪われてしまう。ただ、後半開始早々に与えたPKを若原がストップすると、日本は少しずつ息を吹き返し、後半23分にはMF山田康太(横浜F・マリノス)が同点弾を奪取。その後、勝ち越しゴールは奪えなかったものの、1-1のドローに持ち込み、大事な初戦で勝ち点1を手にした。

 この一戦でプレーした選手の中で、特に印象に残った選手について答えてくれたのは、エクアドルの新聞「EXPRESO」のホセ・ロペス記者だ。ホセ記者は、この試合にスタメン出場した2人の名前を出して賛辞を送っている。

「私は10番の齊藤未月選手が大好きです。一見、体は小さいように見えますが、激しくボールを奪いに行きますよね。彼は信じられないくらい、高い身体能力を持っていると思います。あと、伊藤洋輝選手も印象に残りました。(体が)強い選手ですし、中盤で賢い動きができる選手だと思います」

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング