チェルシーにチャリティーマッチの“代償” MFロフタス=チークがアキレス腱断裂で手術

チェルシーMFロフタス=チークがアキレス腱断裂と診断された【写真:AP】
チェルシーMFロフタス=チークがアキレス腱断裂と診断された【写真:AP】

米国での試合で足を痛めて交代 アキレス腱断裂診断で最長1年間の長期離脱も…

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)で決勝進出を決めたチェルシーは、現地時間12日に行われたプレミアリーグ最終節レスター戦(0-0)後に渡米し、米MLS(メジャーリーグサッカー)のニューイングランド・レボリューションとチャリティーマッチを行った。3-0で勝利したなか、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークがアキレス腱を断裂し、手術を受けることになったとチェルシー公式サイトが報じている。

 後半開始からピッチに立ったロフタス=チークは、試合が行われたジレット・スタジアムの芝生に足を取られて、足を痛めてしまった。ピッチ外で治療を受けることになったロフタス=チークを見て、このチャリティーマッチ開催に不満を示していたマウリツィオ・サッリ監督はジャケットを地面に投げ付けていたが、指揮官の不安は的中することになった。

 試合後、松葉杖をついて会場を去る姿がツイッター上で出回っていたロフタス=チークについて、チェルシーは公式サイトで声明を発表。アキレス腱断裂により、16日に手術を受けることになったという。これにより、5月29日にアゼルバイジャンのバクーで行われるEL決勝アーセナル戦の出場は不可能となった。

 英紙「ザ・サン」は「最低でも6カ月は戦列を離れることになると報じられているが、最悪の場合は1年間、欠場する可能性もある」と指摘。同紙のアンケートで、チェルシーファンの90%以上は「選手が深刻な怪我を負うリスクを考慮して、チャリティーマッチを行うなら、EL決勝後にするべきだった」との考えを示し、クラブに疑問を呈している。

 チェルシーは、イングランド代表の一員としてロシア・ワールドカップにも出場し、チームで定位置をつかんでいた23歳の離脱を乗り越え、ELで頂点に立てるだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング