バルサ公式HPでフライング? アーセナルの仏代表FWラカゼットの名前表示で話題に

アーセナルのフランス代表FWラカゼット【写真:Getty Images】
アーセナルのフランス代表FWラカゼット【写真:Getty Images】

両クラブで移籍の正式発表なし、技術的な問題でラカゼットの名前表示の可能性を英紙指摘

 まさかのフライングかとサポーターが色めき立った。バルセロナのクラブ公式サイトのメンバーリストにフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの名前が表示されているとして話題となっている。

 ラカゼットは2017年にリヨンからアーセナルへ移籍。今季はプレミアリーグ35試合に出場し、13得点をマーク。得点王になったガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに次ぐチームの得点源として活躍している。

 バルセロナからの関心は以前から伝えられていたが、ついに移籍は決まったというのだろうか。どちらのクラブからも正式な発表はなされていないはずだが、バルサの公式サイトの選手ページにラカゼットが表示されているとしてサポーターの間で話題となっている。

 ただし、実際のところ、移籍が決まったという事実はないようだ。英紙「デイリー・ミラー」などによれば、バルサ公式サイトでは過去に対戦した選手の全てのデータが記録されており、技術的な問題によってラカゼットの名前が表示されているのだという。背番号も「9」と表示されているが、バルセロナではその番号をウルグアイ代表FWルイス・スアレスがつけているため、アーセナルでのデータがそのまま反映されているということのようだ。

 ラカゼット自身もすでにバルサ移籍の噂を否定している。単なるシステムエラーがあらぬ憶測を引き起こす事態となった。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング