リバプールとシティの明暗分けた“11.7ミリ”の決定的瞬間に脚光 「無敵のシーズンまで…」

リバプールとマンチェスター・シティの明暗が分かれた決定的瞬間に脚光を当てている【写真:Getty Images】
リバプールとマンチェスター・シティの明暗が分かれた決定的瞬間に脚光を当てている【写真:Getty Images】

勝ち点1差の接戦に敗れたリバプール 直接対決でのワンシーンが決定打に

 リバプールは現地時間12日、プレミアリーグ最終節でウォルバーハンプトンと対戦し、ホームで2-0と勝利を収めた。勝ち点97に伸ばしたものの、首位マンチェスター・シティがブライトンに4-1で勝利し勝ち点98で終えたため、1ポイント差の2位でリーグ戦を終えることになった。悲願のプレミア制覇にあと一歩届かなかったが、英公共放送「BBC」は、リバプールとシティの明暗が分かれたゴールラインテクノロジーの決定的瞬間に脚光を当てている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールは最終節でウォルバーハンプトンを迎え撃ち、前半17分、後半36分にセネガル代表FWサディオ・マネがゴールを奪って2-0で勝利した。リーグ戦38試合で30勝を収め、わずか1敗。勝ち点も「97」とプレミア歴代3位の好成績を残したが、シティがブライトンを4-1で撃破し、勝ち点を「98」に伸ばしたため、歴代最高峰の激戦を演じたものの、わずか1ポイント差で悲願のプレミア制覇を逃すことになった。

 リバプールにとっては残酷な結末となったが、「BBC」は「ほんのわずかな差がシティとリバプールを隔てた」と見出しを打って報じ、1月3日の第21節に行われたシティとの直接対決で起きた紙一重のノーゴール判定にスポットライトを当てている。0-0で迎えた前半18分、シティのクリアミスからボールがゴールラインを割ったかに思われたが、わずかにライン上に残っていたとして得点は認められなかった。結果的に、天王山を1-2で落とすことになった。

 記事では「どれほどの僅差だったか? ゴールラインテクノロジーはゴールラインを11.7ミリメートル割っていないという判定だった」と説明し、「タイトルまであと11.7ミリ、無敵のシーズンまであと11.7ミリだったのだ」と、その紙一重の距離が明暗を分けたことを強調している。リバプールはトットナムとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えているものの、プライオリティーはリーグ制覇に置いていたため、最大の目標をあと一歩のところで達成できず終えることになった。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」